馬鹿にならない冬の日光

紫外線対策といえば夏のイメージが強く、実際冬場はほとんど紫外線ケアをしていないという方も多いのではないでしょうか。確かに冬の日差しは夏よりも弱く、紫外線量も減ってはいるのですが、だからといって紫外線が全くゼロになっているわけではなく、何の対策もしないままでいると皮膚にはどんどん紫外線のダメージが蓄積されます。

}PgžxQ冬に届く太陽光は夏よりも弱くなっており、紫外線量はUVA波と呼ばれる日焼けの元となる紫外線量が3分の1、赤くなる原因となるUVB波は4分の1にまで減少します。それくらいならケアしなくても大丈夫だろうと思っていても実際に受けていると少しずつダメージは蓄積されてくるので、決して油断することなく対策するようにしましょう。

冬の紫外線対策は周辺環境にも気を配ることが大切です。雪が降り積もったところは太陽光を反射して肌に受ける紫外線量が増加してしまいますし、冬は乾燥しやすい分紫外線のダメージをより強く受けてしまうなどの違いもあるので、保湿クリームを前もって塗っておいたり、どこかに出かけるときはお買い物などの際は紫外線を防ぐ効果がある化粧品を、スキー場などレジャーを楽しむときは本格的な日焼け止めクリームを使うなど状況に応じたケアを行って肌へのダメージを最小限に抑えるようにしましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。