肌の変化で判断しちゃダメ!

現在地球に降り注ぐ紫外線はオゾン層の破壊に伴い以前に比べて増えているといわれています。そのため紫外線による肌のダメージを防ぐためには常日頃からケアを怠らないようにしないと肌にダメージがどんどん蓄積されてしまうので、例え冬であってもこまめにケアをすることが大切です。冬は夏とは違って日焼けをすることも無いのでついつい油断してしまいがちですが、肌の変化が無いからといって油断してはいけません。

冬の紫外線は夏の紫外線に比べると減少しています。そのため肌の変化も中々表れない分冬の紫外線は大したことがないと思ってしまう方が多いのですが、紫外線量が減ったといってもその量はUVAなら3分の1、UVBは4分の1ほど残っているので、浴びれば浴びるだけダメージは蓄積されます。更に乾燥や雪の照り返しでダメージが増加する恐れもあるので、冬でもしっかり紫外線ガードをするようにしてください。

冬の太陽光による肌の変化は一面雪に覆われ、標高が高いたスキー場のような環境で無ければそうそう表れることはありません。ですが肌に蓄積されるダメージは長い年月をかけて肌の変化となって現れてくるので、その場の変化だけで紫外線による影響を判断するのは非常に危険です。特に冬にはそうした意識を強く持って紫外線ケアをしましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。