油断して長時間陽に当たると

紫外線は人間の皮膚にダメージを与え、将来シミやしわを作る原因となります。特に夏場は日差しも強く、少しの間外を歩くだけで相当な量の紫外線を浴びる事になるため、多くの方が紫外線を防ぐための日焼け止めを使用しています。しかし冬は日差しが弱いこともあって紫外線対策を全くしていないという方も多く、そのせいで思わぬダメージを受けている可能性があるのだそうです。

冬の日差しは夏よりも少なく、日焼けの原因となるUVAが夏場の3分の1、赤くなる原因となるUVBは4分の1にまで減少します。それだけ減るなら何の問題も無いと思うかもしれませんが、長時間浴びていれば夏場ならしっかり紫外線をケアしていた少しの距離を歩いた距離と同等の紫外線量をノーガードで浴びたのと同じ紫外線量になるそうです。更に夏場に比べて乾燥している分肌そのものにある紫外線をガードする能力も低くなっているためそのダメージ量は相当大きくなるでしょう。

冬の紫外線対策は夏とは違い乾燥に気を配るなどのポイントを守ることが大切です。スキー場など地面の降り積もった雪が太陽光は反射するところに行く際は特に入念な紫外線対策をしておかないと将来後悔する事になりますよ。

コメント

コメントを受け付けておりません。