その日その日の環境に合わせたケアを

夏といえば強い太陽の日差しですが、それと同時に紫外線を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。夏場は紫外線対策用のグッズや化粧品が数多く販売されるようになりますが、実は冬の日差しも夏よりは少ないもののそれなりの量の紫外線を放射しています。冬の紫外線を避けるにはその時々の環境に合わせたケアを行うことが大切なので、今まで冬場の紫外線対策を怠ってきた方は今からでも対策を考えていきましょう。

虹冬の紫外線量は夏と比べれば少なくなっているものの、長時間外を歩けば夏に受けるのとそう変わらない量の紫外線を受ける事になります。なので出かける際は紫外線をカットできる化粧品などをしっかり使って対策をする必要がありますが、それと同時に冬特有の乾燥にも気を配らないと肌に受けるダメージは増大するので、メイクの前に保湿クリームなどを使用して乾燥肌に潤いを与えてから紫外線対策を行うようにしましょう。

紫外線対策を行う上で環境に合わせたケアは非常に重要です。ちょっとお買い物に出るくらいなら冬なら乾燥に気を付けさえすれば軽い紫外線対策でも十分効果を発揮しますが、スキー場など雪の反射によってより多くの紫外線を受ける環境でレジャーを楽しむ際は夏場と同じくらいの紫外線対策をしないと日焼けすることもあるので注意しましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。